サイト内検索

市民の皆様へ

リハビリテーション用語検索

運動器のリハビリテーション

運動器のリハビリテーションとは

運動器とは、“動く”ことに関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称です。運動器のリハビリテーションは、運動器の機能が低下した状態、たとえば骨折、関節リウマチ、骨粗鬆症、変形性膝関節症のような関節が悪くなった状態、頚椎や腰椎が悪くなった脊椎疾患、スポーツによる運動器の障がい、また最も頻度が高いと言われる腰痛、肩こりなど、運動器が障がいされた状態のときに行なわれます。

運動器のリハビリテーションは、低下した筋力や関節の動く範囲の改善を図り、立ち上がり、歩行、階段などの日常生活動作の獲得や、障がいされた機能を回復し職場復帰などの社会活動ができるように、また、より高度な能力が必要なスポーツ活動への復帰を目指して行なわれます。手術が必要な場合においても、手術前には評価や予想される状態への対応として行い、手術後はできるだけ早期から機能向上を目的として行ないます。

健康寿命の延伸、介護予防を目的として、高齢者にロコモティブシンドロームを広く知ってもらい、足腰を強くして元気になっていただくことも運動器のリハビリテーションの一環であるといえます。たいへん広い範囲を運動器のリハビリテーションは担っています。

脊髄損傷、切断、関節リウマチも運動器疾患に含まれますが、独立した項として説明しています。よく経験されると思われる運動器リハビリテーションが必要な状態について説明します。

大腿骨近位部骨折

骨粗鬆症がある高齢者によく起こる骨折で、年間約15万件発生する脚の付け根(股)の骨折です。多くは転倒することで発生し、手術が必要な場合がほとんどです。要介護状態に陥りやすい骨折であり、術後にはできるだけ早期から離床するためにリハビリテーションが不可欠です。リハビリテーションを行う際には、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)やまた転んでしまうことなどに注意する必要があります。骨粗鬆症に対する治療も必要であり、できるだけ早く骨折する前の状態に戻るためにもリハビリテーションが必要です。

変形性膝関節症

膝関節の軟骨が磨り減ってしまい、関節周囲の骨まで変形し、痛みや腫れといった症状がある状態です。X線で診断される患者数は2530万人、症状のある人は800万人もあると言われています。筋力強化や関節の動く範囲の改善というような運動療法を中心としたリハビリテーションが重要であり、体重減少などの生活指導、杖や装具、また温めたり電気を当てたりするような物理療法も有効です。保存的治療で改善しなければ、人工関節を主体とした手術的治療を行ないますが、そのときにもリハビリテーションは重要です。

腰部脊柱管狭窄症

腰椎で神経組織と血管が通るスペースが減少することにより、腰痛、臀部痛、下肢痛がみられる症候群です。最も代表的な症状は間欠性跛行です。間欠性跛行とは、歩行すると次第に下肢痛、腰痛が強くなり、歩けなくなりますが、少し休むとまた歩くことができるという症状です。

保存的治療として、脊柱周囲の筋力訓練やストレッチングなどの運動療法を行ないます。コルセットなどの体幹装具や、薬物では経口プロスタグランディンE1が有効です。温熱療法や電気治療なども行われます。症状が悪化し、歩けなくなれば、手術をせざるを得なくなります。手術の際にも、リハビリテーションは必要不可欠です。

肩腱板断裂

肩関節の深いところには腱板という構造があります。腱板がささくれて破れた状態を肩腱板断裂といいます。原因は主に変性と外傷であり、若年者では怪我や使いすぎにより発症します。中年以後は腱の加齢による変化が進み、外傷なしでの断裂が多くなります。痛い動きは避け、穏和な振り子運動から関節を動かす運動を始めます。筋力強化も必要ですが、痛くないように行なうことが重要です。肩甲骨の動きを改善することや、周囲の筋の強化なども有効です。

変形性関節症

股関節や膝関節のなどの関節軟骨がすり減ることで発症し、関節の痛みと変形や腫れなどを伴う疾患です。リハビリテーションでは、関節に痛みを出さない状態での筋力強化訓練などの運動療法、鎮痛を目的とした温熱・寒冷療法などの物理療法、装具処方による関節保護を行います。慢性的な疾患ですので、関節症状を悪化させないための生活指導や自主トレーニング指導が必要となります。

一覧に戻る