サイト内検索

日本リハビリテーション医学会の概要

学会の歴史

1963年(昭和38年) 9月29日創立
1964年(昭和39年) 第1回日本リハビリテーション医学会開催、学会機関誌『リハビリテーション医学』が創刊
1968年(昭和43年) 日本医学会に加入
1980年(昭和55年) 専門医制度が成立し、リハビリテーション医学会専門医がスタート。
1987年(昭和62年) 日本リハビリテーション医学会認定臨床医制度を設立
1989年(平成元年) 社団法人となり、「社団法人日本リハビリテーション医学会」
1996年(平成8年) 「リハビリテーション科」の標榜が認可
2001年(平成13年) 日本専門医機構の18基本領域のひとつに選定される
2009年(平成21年) リハビリテーション科女性医師ネットワーク(RJN)を設置
2011年(平成23年) 震災対応ワーキンググループ」、「東日本大震災リハビリテーション支援関連10団体総合戦略会議」による被災者支援
2012年(平成24年) 社団法人から「公益社団法人日本リハビリテーション医学会」に
2013年(平成25年) 設立50周年、様々な記念式典
2016年(平成28年) 会員総数が一万人を超える10,484名(2017.4.1日現在 医師10,263名、医師以外221名)